PEJU・・1月26日

オーパス・ワン、ローバート・モンダヴィ、コッポラを見ずしてナパに行ったとは言えない感もありますが、実はそのどこも見ていません(^^;)

ナパで朝一番に訪れたのはPEJU。ナパのことを色々教えてくれたひとしさんが、庭が好きならPEJUは是非見るべき!と勧めてくれたワイナリーです。

前の日の風と雨で荒れた庭で専属の庭師が丁寧に落ち葉を集めていました。12月で花の季節ではありませんでしたが、シーズンにはここの庭がどんなにきれいか想像できるほど。噴水と、あちこちに配置された彫刻と、横に広がるワイン畑・・・すばらしい庭を見ることができました。

ワイナリーでは畑の横にはバラを植えている事が多いのですが、これは害虫がついたときに発見が早いようにと言うことらしいです。確かにバラは病気や虫が付きやすいですからね。


ステンドグラスの美しいテイスティングルーム
ちょうど前の日の夜、ソノマのWilli's seafood&Raw BarでおいしいシーフードとPEJUのワインを飲みました。甘辛く炒めたカニと合わせたのはつめたく冷やした赤ワイン。

このとき飲んだのは2004Provenceというワインですが、フレッシュで、ちょっと微炭酸を感じるような赤・・・どちらかというとボージョレー・ヌーボのようなテーブルワインで、こってり味のシーフードにはぴったりあっていました。

朝10時から何種類ものワインを飲むなんてはじめて(^^;)ちょっとくらーっとしてきました。テイスティングルームではフレンドリーなおじさまが最後に125ドルで出ている2002のCabernet Sauvignon(Rutherford Reserve)を飲ませてくれましたが、舌がまだ起きていなかったのか、よくわかりませんでした。

朝の舌にぴったり合ったのがなんとジンファンデル・・辛口渋系好きの自分でもびっくりだけど、何種類も飲んだ中で、これが一番印象的でおいしいと思ったのです。まだ日本には入ってきていないワインだそうですが、いつ飲もうかな?やっぱり、朝かな?(^o^)

花の季節にまた訪れてみたいワイナリーです。

ホーム What's New ハッカ通信