トマトのキッシュ・・10月7日

前から気になっていたレストラン「キハチ」のパイ生地レシピ。どうして酢を入れるのかわからなかったけれど、今回初めて試してみました。
レシピの分量はどう見ても2枚分だと思うのですが、まずは基本に忠実に・・・と言うことでレシピ通り作ってみました・・・・やっぱり21cm型2枚分の量でした(^_^;)
酢は小さじ2くらいですが、できた生地はしっかり酢のにおいがします。

一晩寝かせて生地だけで焼きました。ここで、酢の意味を納得!いつもの生地よりもさくさく感があります。当然ですが酢のにおいは全くなくなります。一つ勉強しましたー(^o^)

今日のフィリングはトマトだけ。種は取っていますが水分がかなり出るような気がしたので、アッパラート(キッシュの液)はいつもより卵黄多め。カロリーも抑えたいので溶けるチーズは使わず、パルミジャーノをアッパラートに少し混ぜるだけにしました。

本当は輪切りのトマトの上にたっぷりのフレッシュバジルをのせるのですが、庭のフレッシュバジルは先日抜いてしまったのでありません。代わりにはなりませんが、たっぷりのドライバジルを使用。170℃のオーブンで40分、しっかり焼き上げました。

心配だったトマトの水気は大丈夫で、酸味があってさっぱりしたキッシュに仕上がりました。これにベーコンやタマネギをいれると、このさっぱり感がなくなってこってりした感じになるのだと思います。ブランチにはその方がいいかもしれませんが、ワインと合わせるならトマトだけでも十分です。

今度はぜひ、フレッシュのバジルを使ってやってみたいです。

ホーム What's New ハッカ通信