蕾の季節・・6月17日

今、ガーデンでは様々な花やハーブの蕾がたくさんできています。

なんと言ってもピエール・ド・ロンサール。2年目にしてかなりたくさんの蕾がついています。薔薇のシフォンケーキにも使った、淡いピンクと白のグラデーションの薔薇。花弁の数の多さと優雅さ、そして香りの良さでも薔薇愛好家には人気品種です。昨年苗を買って植えたばかりですが、こんなにたくさん蕾ができるとは驚きです。まだ堅いけれど、今からわくわくします。

一昨年から、花に詳しい友達のアドバイスで、ハーブの庭にもあう花も植えています。

その一つがイチゴ草。白い毛のはえたイチゴの葉にそっくりのこの花は、鮮やかな赤です。ブルーの庭に真っ赤な花は・・・・と思ったのですが、植えた場所と、花の小ささから、違和感が全くありません。アーチの足下に、はっとするような赤は人の目をひき、庭のアクセントにもなっています。

たつなみ草も蕾が開きかけています。
にわを見た人がみんな必ず「これ、なあに?」と聞きます。ヒューケラ。ひょろひょろのびてきた茎の先にグリーンの小さな花をつけます。丸い葉とひょろりとのびた茎のアンバランスな様子がおもしろく、ちょっと高さを出したいところにもお勧め品種です。

さあ、花の季節までもう少しです。

ホーム What's New ハッカ通信