チキンのハーブ焼き2・・2月6日

中からバジルペーストがとろり・・

以前のハッカ通信の中にもチキンのハーブ焼きを書いていたのですが、最近よく作っているほうを新たにアップしたいと思います。


使うのは鶏のもも肉です。枚数は人数に合わせてご用意ください。私は肉の中ではたぶんチキンが一番好きなので、一人で1枚ぺろりと食べてしまいます。

肉の厚いところは少し包丁を入れて開いておきます。両面に塩・コショウ・ローズマリーをふってからバルサミコ酢に半日ほど漬け込みます。

焼く直前に身と皮の間をあけて、ここにバジルペーストをたっぷり塗り込みます。スプーンなどを使って奥の方まで入れるようにします。バジルペーストは秋にたくさん作って冷凍してあるものを使っていますが、市販の瓶詰めやチューブもあります。

皮の方からこんがり焼きます。強めのオーブンでもいいのですが、1枚か2枚の時は魚焼きのグリルを使っています。皮に焼き色が付いたら裏返して焼きます。

これははっきり言っておかずと言うより、おつまみですね(^o^)バルサミコ酢がしみているので塩はあまり使いませんし、グリルで焼くとよけいな油も落ちます。

あっさり目のチキン料理ですが、赤ワインのお供にもどうぞ。



ホーム What's New SHOP ハッカ通信 ハーブ生活 リンク