秋のハーブ セージ・・10月4日

今、BlueBottleの庭で一番きれいに咲いているのはセージ達です。ファリナセアセージは夏からずーっと咲き続けていますが、ロシアンセージ、ペインティッドセージ、チェリーセージが次々と花を咲かせて、緑だけの庭に彩りを添えてくれます。

セージって、サルビア科なんです。だから秋の花なんですよね。オレガノやタンジーが終わってしまった後、ハーブの庭はちょっと淋しくなるのですが、いろいろなセージを植えておくと霜が降りる頃まで花を楽しめますよ。

やっと花をつけたのはパイナップルセージ。葉っぱの香りがフルーティーで大好きなハーブの一つです。紫系の花が多いセージの中で、本当にサルビアを思わせる真っ赤な花をつけますが、寒さには弱い種類です。いつも今頃になると、たくさんの花穂をつけて見事なのですが、どの時点で鉢上げしようか迷うところです。

花の咲いているときに無理に鉢上げすると、根を傷つけてしまいせっかくの花もだめになってしまう経験は何度もしています。

台風の後の暑さで、一気につぼみがふくらんだ所です。このまましばらく霜が降りないことを願う限りですね。

冬にだめになったので、今年買ってきて植えたコモンセージの花は来年以降ですね。トリカラーセージも葉っぱは茂っていますが、花の咲く気配はありません。残念だったのは期待していたクラリーセージ。花が咲かないうちに終わってしまいそうです。

こうして、短い北海道の秋も過ぎていきます。今年もたくさん楽しませてくれた庭に感謝しながら、来年はレンガをたくさん使って大改造しようかな・・・などと考えているところです(^_-)



ホーム What's New SHOP ハッカ通信 ハーブ生活 リンク